収納メーカーのプロが、生活が快適になる収納の間取りや秘訣をお伝えする、家づくりに役立つメディアです。
パッと使えてサッと収納!2タイプのサニタリー埋め込み型収納製品をご紹介♪
#
家を建てようと考えている方

公開日:

2020.08.04

bancho
この記事を書いたソムリエ
bancho
収納メーカーで製品カタログの企画・製作を担当。365日、常に収納のことで頭がいっぱい!収納のモットーは「極力床にモノを置かない!棚板にすべてのモノの定位置を作ること!」です。

埋め込み型のスリムな2タイプ!サニタリールーム・洗面室の専用収納

決して広くないサニタリースペース。
そんな狭小空間こそメリットが生まれる、壁面埋め込み型のスリム収納です☆
今回は当社の洗面収納に特化した「サニタ 洗面収納ボックスAタイプ」と、洗濯機まわりの専用収納「サニタ 洗面収納ボックスBタイプ」の壁面埋め込み型収納(ニッチ収納)2タイプについてご紹介します♪

目次

    【洗面編】パイプが便利!タオルやドライヤーは使いやすい位置に収納

    サニタ洗面収納ボックスAタイプ

    当社の壁面埋め込み型洗面収納「サニタ 洗面収納ボックスAタイプ」は、収納上部にパイプがあるのが特長です
    手洗い用のタオルを掛けることはもとより、付属のフックを使いパイプにドライヤーやヘアアイロンなどを吊るして収納することが可能です♪
    手の届きやすい洗面台横に設置すれば、ドライヤーなどをサッと取り出して使用できたり、手洗い後もサッとタオルを使えたりと機能的です

    【洗面編】棚板は3箇所!落下防止バーも付いて小物やタオルの収納にも!

    洗面周りの日用品をコンパクトに収納できる「サニタ 洗面収納ボックスAタイプ」。
    棚板が3箇所あるので、下の日用品の収納に便利です♪

    下の棚には、家族の歯磨き用のコップ☆

    サニタ洗面収納ボックスAタイプ

    真ん中の棚には、家族の歯ブラシセットや整髪料、洗顔料など

    サニタ洗面収納ボックスAタイプ

    上部の棚には、洗顔用の替えのタオルや美容グッズなどの収納に☆

    サニタ洗面収納ボックスAタイプ

    【洗面編】収納内部の寸法を紹介!ドライヤーやタオル、歯ブラシをスッキリ収納♪

    では、当社の「サニタ 洗面収納ボックスAタイプ」の特徴を紹介します。

    サニタ洗面収納ボックスAタイプ

    「サニタ 洗面収納ボックスAタイプ」には底板・パイプ下・パイプ上部に3箇所の棚板の収納スペースがあります。

    サニタ洗面収納ボックスAタイプ

    3段とも幅は350mm、奥行きが117mm。

    1段目の底板

    1段目の底板の棚は高さが150mmほどありますのでコットンパフ・綿棒といった小物の収納に適しています♪

    サニタ洗面収納ボックスAタイプ

    家族分の歯磨き用のコップ収納としてもいいですね♪

    サニタ洗面収納ボックスAタイプ

    化粧落としの洗顔料や保湿液、乳液をボックスに入れて収納すると便利そうです♪

    サニタ洗面収納ボックスAタイプ

    パイプゾーン

    パイプゾーンの収納スペース。
    どんな大きさの物をパイプに収納することができるのか?
    パイプ下の棚板の収納物を想定して検証してみました。

    パイプ下の棚板までの高さ(高さ約500mm)
    棚板(幅:350mm  奥行き:117mm)

    パイプ下の2段目の棚板は約500mmまでの物を置くことができます。
    例えば、整髪料(ヘアスプレーやワックス)、基礎化粧品(メイク落としや化粧水)など縦長形状のアイテムが理想的です。

    サニタ洗面収納ボックスAタイプ

    歯ブラシスタンドの置き場としても丁度いい位置ですね♪

    サニタ洗面収納ボックスAタイプ

    3段目のパイプ上部の棚板

    3段目のパイプ上部の棚板は高さは150mmです。
    1段目の底板と同じ高さになります。
    この棚には収納物の落下を防いでくれるバーが付いています♪
    洗顔用のタオルは折りたたむことで2枚ほどストックが可能です☆

    サニタ洗面収納ボックスAタイプ

    ボックスティッシュを収納する棚板としてもおすすめですよ♪

    パイプの注意点

    サニタ洗面収納ボックスAタイプ

    例えば、折りたたみ式のドライヤーをフックで収納した場合、ドライヤー下の空間が高さ200mmほど空きます。
    ヘアアイロンは長さがありますが、パイプスペースに収納が可能です♪
    ヘアアイロン下の空間が高さ80mmほどの空くので、小さな美容グッズを収納しています。

    サニタ洗面収納ボックスAタイプ

    また、タオルは短手を2つ折りの状態でパイプに掛けて計測。
    2つ折りのタオルの長さは約380mm。

    サニタ洗面収納ボックスAタイプ

    このタオルの場合、ほぼ棚板までの長さになるため、タオルの真下には物を置くスペースはあまりありませんが、タオル横に高さ500mmのスペースがあるので、ヘアスプレーなどを数本立てて収納できるスペースを確保できます♪
    長さのある物は収納端に配置することで、棚板上も上手に活用できますね。

    【洗濯編】扉付き収納!洗剤のストックは隠してスッキリ!

    サニタ洗面収納ボックスBタイプ

    続いて当社の「サニタ 洗面収納ボックスBタイプ」のご紹介です♪
    こちらの収納は、洗濯機まわりに特化した専用収納となります☆

    サニタ洗面収納ボックスBタイプ

    扉があるので、洗濯洗剤などのストックを入れておくのに便利♪
    ストックは隠して収納したいですよね。
    扉があると、ある程度長期的に置くことになるストックへのホコリ溜まりも防げるのでとても良いです☆

    【洗濯編】オープン部にはよく使う日用品置き場に♪

    サニタ洗面収納ボックスBタイプ

    2段のオープン棚。
    日常使いの洗剤や細々したものをサッと出し入れができます

    【洗濯編】ドアポケット部には畳めるアイテムや水まわりの小物を♪

    サニタ洗面収納ボックスBタイプ

    扉の内側には、洗濯ネットや手袋などをポン!と収納できる使い勝手が良いドアポケット。

    【洗濯編】収納内部の寸法を紹介!ストックできる洗剤などの収納量の目安に!

    収納棚は、底板・扉下・扉内部の3段の棚板で構成しています。

    サニタ洗面収納ボックスBタイプ

    当社の「サニタ 洗面収納ボックスBタイプ」はスリムな埋め込み型収納なのでどんな物が実際収納できるのか?
    興味を持っていただいた方にとっては、すごく気になる部分だと思います。
    物と収納スペースのサイズを計測し、検証しました。

    サニタ洗面収納ボックスBタイプ

    1段目の底板

    サニタ洗面収納ボックスBタイプ

    1段目の底板は、箱に細々した物を入れて収納するのがおすすめです♪
    毎日使用するものをまとめて収納するのがベストですが、自由度の高い用途でお使いいただける棚です☆
    小さく納まる洗濯グッズは多種多様で種類が豊富です。

    例えば、このようなアイテムがあります。

    サニタ洗面収納ボックスBタイプ

    洗濯アルカリボール
    ・ランドリーロープ
    洗濯ブラシ
    ・酸素系漂白剤(コンパクトタイプ)
    ・固形石鹸

    など、例に挙げた洗濯用品などは、底板を収納スペースとしてお使いいただくのがお勧めです

    2段目の扉下の棚板

    こちらの棚板は高さ約300mmほどの空間があります。
    位置的にも手が届きやすい位置の棚板になっています。
    日常使いしている洗濯洗剤や柔軟剤を置くのに適した棚板です

    サニタ洗面収納ボックスBタイプ

    画像は実際に洗剤を収納したイメージです。
    洗濯機の真横から、サッと洗剤を取り出せられるので非常に使いやすいのがポイントです

    3段目の扉内部の棚板

    こちらは棚板上が高さ150mmほどの空間があります。
    詰め替え用洗剤の高さがピッタリなので、洗剤のストックとしてお使いいただけます
    一般的な詰め替え用の洗剤が3〜4つ収納できる収納イメージです☆

    サニタ洗面収納ボックスBタイプ

    4つ目は扉の内側にあるドアポケットです。
    ちょっとした小物の収納用にとっても便利なドアポケット
    このポケットには次のようなアイテムを収納するのに便利です☆

    ・洗濯ネット(大きなネットは1枚・小さなネットは2枚程度)
    ・ゴム手袋
    ・洗濯バサミ
    ・洗濯ブラシ
    ・ランドリーボール
    ・ランドリーロープ

    サニタ洗面収納ボックスBタイプ

    上の画像はドアポケットの収納量イメージです♪
    他にも、いろいろと収納するのに良さそうですね。

    サニタ洗面収納ボックスBタイプ

    サニタ洗面収納ボックスBタイプ

    このドアポケットは取り外し可能です!
    汚れたら水洗いができるのが、うれしいポイントのひとつです

     

     

    洗面・洗濯専用収納2タイプの仕様をご紹介

    サニタ洗面収納ボックスAタイプ・Bタイプ

    洗面用の「サニタ 洗面収納ボックスAタイプ」と洗濯用「サニタ 洗面収納ボックスBタイプ」の仕様は以下の通りです☆

    ・ボックス部
    基材=芯材:集成材、表面材:MDF
    表面:オレフィンシート

    ※水気には十分にお気をつけください。

    製品全体の耐荷重の目安値

    製品全体の耐荷重値は以下になります。

    洗面用の「サニタ 洗面収納ボックスAタイプ」30kg
    洗濯用「サニタ 洗面収納ボックスBタイプ」30kg

    普段使用するのには十分すぎるほどの耐荷重性能ですので、とくに収納量を気にするようなことはないですね♪

    タオルやドライヤー、ヘアアイロンを安心して吊るして収納できるパイプの耐荷重

    サニタ洗面収納ボックスAタイプ

    サニタ 洗面収納ボックスAタイプに設置されているパイプの耐荷重はどうでしょうか?
    ドライヤーやヘアアイロン、タオルなどを収納する際の耐荷重は?

    パイプ単体の耐荷重目安値は以下になります。

    パイプ:3kg
    ・ドライヤーの本体重量が約700g
    ・ヘアアイロンの本体重量が約550g

    2つを収納しても、合計で3kg以内となりますので安心してお使いできますよ♪

    洗剤の収納やストックにも安心固定棚板の耐荷重の目安値

    サニタ洗面収納ボックスBタイプ

    棚板単体の耐荷重の目安はどうでしょうか?

    固定棚板:10kg(洗面収納ボックスABタイプ共通)

    詰め替え用洗濯洗剤の重量は1袋約320gです。
    3個ストックしたとしても、耐荷重値としては十分♪
    洗濯用粉末洗剤は約1.6kgあります。
    こちらも、十分にストック可能な耐荷重値ですよ☆

    ※高さ230mmを超える商品の収納はできません。

    洗面室にDIYで壁面埋め込み型収納を取り付けるのは大変?

    実際にリフォームなど、ご自身でDIYで設置が可能なのか?

    施工には専門的な知識と工具が必要となりますので、DIY施工は難しいでしょう。
    大工さんや工務店様に施工依頼をしていただくのが理想的です♪

    最後に

    ここまで読んでいただきありがとうございます。
    サニタ 洗面収納ボックスシリーズは、現在多くのお客様にご愛用いただいてます☆
    家事動線の短縮に、スペースの有効活用に。
    ぜひ、洗濯、洗面まわりの収納プランの一つとしてご検討ください。

    あわせて読みたい
    壁の中を活用!サニタリールーム・洗面室の必需品をスリムに収納!
    洗面・洗濯機まわりはアイテムがたくさん! 空間も十分に広く作ることが難しく、狭くなりがちな場所…。 今回は洗面、洗濯機ま...
    デジタルカタログ公開中です。
    無料発送も受付中です。
    コラム内の製品を全て掲載しています。
    オンラインで今すぐご覧いただくことも、無料でお送りすることも可能です。お手元に1冊あると、ご家族で相談される際にも役立ちます。
    ぜひご利用ください。
    カタログを見る・請求する
    この記事を友達にシェア
    カテゴリーから選ぶ
    収納専門SNSで最新情報をお届け
    このブログと運営会社について
    香川県高松市の収納メーカー「南海プライウッド」が、生活を快適にする収納の間取りや秘訣をお伝えする、家づくりに役立つメディアです。

    南海プライウッドの収納ブランド「収納生活」で扱う収納製品は20を超え、家中全ての空間に対応しています。

    多くの収納を取り扱うプロだからこそ知ることのできる、お得な情報をお届けしていきます。

    これから家を建てる方や、収納にお困りの方、皆様の快適な暮らしに、ぜひお役立てください。