くっしー
マドリソムリエ

こんにちは。マドリソムリエのくっしーです。
今回のテーマは前回に引き続き、ファミリークローゼットです。
前回はファミリークローゼットの使い方をメインにお話ししましたが、今回はもう少し踏み込んだ内容にしようと思います。
タイトルの通り、ファミリークローゼットを導入するなら、家族の生活動線を具体的にイメージすることが一番のポイントです!

目次

    ファミリークローゼット導入前に知るべき動線と設置タイプ

    ファミリークローゼットの使い方から読みたい方は下のリンクからどうぞ。

    ここからは2つの設置タイプと4つの設置パターンについてお話しします。

    ファミリークローゼットの動線(ウォークイン・ウォークスルー)

    ファミリークローゼットの一般的な動線はウォークイン、ウォークスルーに分かれます。

    動線1 ウォークイン

    動線2 ウォークスルー

    ※上の写真では収納が分かりやすいように、洗面脱衣室とファミリークローゼットの間の壁を半透明にしています。

    ファミリークローゼットの設置タイプ(I型・Ⅱ型・L型・U型)

    次に設置タイプはI型、Ⅱ型、L型、U型に分かれます。

    I型

    アームハング棚柱SS[I型]

    Ⅱ型

    ウォールゼット ノエル3[Ⅱ型]

    L型

    ウォールゼット ノエル3[L型]

    U型

    アームハング棚柱SS[U型]

    前回の記事でファミリークローゼットは洗面脱衣室の近くに配置すると便利!ってお伝えしました。
    ここからはファミリークローゼットの横に洗面脱衣室があるとして進めていきます。

    動線1 ウォークインとは?

    ウォークインは洗面脱衣室の横に個室を作って、モノを収納します。

    ウォークインの使い方

    ウォークインは、ウォークスルーと比べて、モノを多くしまえて、個室のように使えるっていうのが一番の特長です。
    基本的な動線はファミリークローゼットと洗面脱衣室との行き来だけになります。
    ひとつ付け加えると、家の中から外への動線を意識すると、より使い勝手の良い動線になります。

    この間取り図のように、ファミリークローゼットに勝手口を設置すれば洗濯動線もスムーズになって、すごく便利です。

    また、個室というのは(室内からの)出入口がひとつということです。
    出入口がひとつだと使いにくいって感じるかもしれませんが、ひとつだから使いやすいこともあるんです。

    例えばファミリークローゼットで着替える場合、年頃の女の子だと「鍵を掛けたい!」ってなりますよね。
    でも鍵がなければ、いきなりお父さんに開けられるとか、当たり前にありそうです。

    今だけじゃなくて、5年後、10年後を考えるとウォークインの良さはありますね。

    ウォークインの設置タイプ

    次にウォークインの設置タイプをご紹介します。
    設置タイプはI型・Ⅱ型・L型・U型があり、上から見た図で描くと、このようになります。

    ウォークインのメリットやデメリット

    ウォークインのメリット・デメリットをまとめると、このようになります。

    ウォークインのメリット

    ・ウォークスルーよりも収納量が多い。
    ・勝手口を設置すると、洗濯物を取り込む⇒しまうの動線が最短距離になるので使いやすい。

    ・鍵を掛けやすいので、年頃の女の子が居ても着替えがしやすい。

    ウォークインのデメリット

    ・室内からの出入り口がひとつなので、動線が悪くなる可能性がある。

    動線2 ウォークスルーとは?

    ウォークスルーは洗面脱衣室の横に部屋を作って、さらに人が通り抜けられるようにします。

    ウォークスルーの使い方

    ウォークスルーは出入り口がふたつあって行き止まりにならないことが一番の特長です。
    例えば帰宅動線を考えると、この間取り図のように玄関→ファミリークローゼット→洗面脱衣室と通り抜けられると、一連の動作(靴を脱ぐ・手を洗う・着替える)がスムーズにできそうですよね。

    ただ、人が通り抜けるスペースも必要なので、ウォークインより収納量は少なくなってしまいます

    また着替える場所をどこにするかは大事なポイントです。
    ウォークインのように鍵を掛けるとしても、2か所はさすがに面倒ですよね。
    例えば、開けっ放しにしておいて、着替える時だけ閉めるとか明かり窓の付いたドアにして、確認してから開けるなどのルールを決めておく必要がありますね。

    それでも安心とは言い切れないかなと思うので、できれば脱衣室を洗面室と分離して、脱衣室で着替えれるようにしておくと良いと思います。
    でないと、年頃の女の子は結局、自分の部屋で着替えることになりそうですね。
    間取り図を書くと、このようになります。

    ウォークスルーの設置タイプ

    次にウォークスルーの設置タイプをご紹介します。
    設置タイプにもI型・Ⅱ型・L型・U型があり、上から見た図で描くと、このようになります。

    I型・Ⅱ型が一直線の動線に対して、L型・U型は折れ曲がる動線になるので、動線によって設置タイプが決まると言っていいですね。

    ウォークスルーのメリットやデメリット

    ウォークスルーのメリット・デメリットをまとめると、このようになります。

    ウォークスルーのメリット

    ・出入り口がふたつあって行き止まりがないので、効率的な動線になる。

    ウォークスルーのデメリット

    ・ウォークインよりも収納量が少なくなる。
    ・着替える場所を考えておかないと将来的に使わなくなる可能性がある。

    ファミリークローゼットで失敗しないために

    これまでの内容を踏まえて、失敗しないためのポイントはこのようになります。

    新しい住まいでの生活動線を具体的にイメージすること

    具体的にというのは、ファミリークローゼットで何をするか、何をしまうかをしっかり決めることです。
    また、イメージするのも今だけではなくて、10年後の将来までイメージすることをおすすめします。(鍵の話なんかはそうですよね)
    他の記事でも繰り返し書いていますが、この具体的なイメージの有無で満足度は大きく変わります!

    決めたルールをしっかり守ること

    ファミリークローゼットは部屋なので、ルールを無視するとただの物置になってしまいます。
    例えば仕事着と部屋着だけをしまうって決めたのに、外出着や掃除用品、季節用品を置いたりするってことです。
    ウォークスルーなら、最悪通り抜けられなくなる可能性もあります。
    そうなっては本末転倒ですよね。。。

    ファミリークローゼットでそのほかに気を付けておくこと

    ここからはファミリークローゼットについて、もう少しだけ掘り下げていきます。

    ファミリークローゼットの湿気対策

    ウォークイン、ウォークスルーのどちらであっても、湿気対策は必要です。
    ファミリークローゼットは洗面脱衣室の横に配置すると便利とお話ししてきましたが、湿気が一番の課題ですね。
    洗面脱衣室の横にはお風呂がありますし、何も対策しないとカビ、ダニなどで衣類が傷んでしまうことも。。。
    湿気対策にもいろいろありますが、最も効果的なのは室内の換気です。

    対策としてはこのようなものがあります。

    開閉できる窓を設置する

    勝手口を設置する場合は採風・換気のできるものを選ぶ

    窓を設置できない場合はサーキュレーター、扇風機などを使う

    24時間換気システムを設置する

    エアコンで除湿する

    窓や勝手口での換気の場合は、1回につき5~10分でかまわないので回数を多くするように心がけてくださいね。
    そのときには洗面脱衣室のドアやお風呂の窓も開けて、空気の通り道をしっかり作ってください。
    サーキュレーターやエアコン、換気システムを使う場合は、フィルターや換気設備の掃除を定期的することが大切です。
    カビの胞子が付いていると、部屋中にまき散らして逆効果になったり、換気能力の低下につながってしまうので注意してくださいね。

    おわりに

    みなさんにはどんなファミリークローゼットが合っていると感じましたか?
    すぐにはどちらがいいのか分からない!ってなるんじゃないですかね。
    ぱっと見は同じファミリークローゼットでも使う人によって、使い方は変わります。
    それも今だけでなく、将来的な使い方も考えておくと良いですね。
    ご家族でしっかり検討して、満足のいく家にしてくださいね!

    カタログをご請求いただけます。電子カタログなら今すぐ閲覧が可能です。
    閲覧・請求する
    製品ギャラリー
    プランセレクトツール
    カラーシミュレーター
    SNS