Sakura
コーデソムリエ

こんにちは!Sakuraです。
突然ですが、みなさんはスリッパをどこに収納していますか?市販のスリッパ立てやかごに収納して玄関に置いていませんか?それって玄関のスペースを狭めてしまうので、すごくもったいないんです。お家の顔である玄関はいつもすっきりさせておきたいものです。
あらかじめシューズクローク内にスリッパ収納の位置を決めておけば、ムダなスペースを取らずスリムに収納できますよ。

目次

    スリッパをすっきり収納できるアイテム!

    私がおすすめするのは、隙間空間を利用してスリム収納を実現する「スリッパラック」です。

    スリッパラック[ウォールゼット エノーク2]

    上の画像のように取り付けるだけで、場所を取らずとっても省スペースなスリッパ収納が完成♪ちょっとした隙間を上手に活用すれば、玄関にスリッパ立てなどを置かなくてすむし、玄関が広々としてすっきりした印象に仕上がるんですよ。

    何段取り付けできる?間隔は?

    では、このスリッパラックが何段取り付けられるか、取り付ける間隔はどのくらいの高さが最適なのか、が気になるところですよね。
    女性の平均身長158cmで、無理なく出し入れできる高さをフロアーから1100mm程度として考えてみます。一番下に設置するスリッパラックの高さを下から4個目のダボ穴にした場合、288mm間隔(ダボ穴9個分)で4段設置するのがベストです。

    この間隔であれば、Mサイズ(23.5〜25cm)・Lサイズ(25〜26.5cm)どちらも収納できました。ちなみに下の写真はLサイズのスリッパを使用してますが、隙間なくぴったりでした!収納するスリッパのサイズによって間隔も変わってきますので、ご参考にしてくださいね。

    スリッパラック[ウォールゼット エノーク2]

    スリッパラックをレイアウトする際に注意してほしいことがあります。スリッパラックは側板に取り付けるのですが、このとき側板の裏側のダボ穴を使ってビスで止めるので、その位置に棚板を設置することができなくなります。スリッパラックの位置を第一に考えてしまうと、使いたい場所に棚板を設置できない!となってしまうので、ご注意くださいね。

    スリッパラック[ウォールゼット エノーク2]

    どこに取り付けるのが理想?

    次に考えてほしいのがスリッパラックを取り付ける場所です。側板ならどこでもOK!ってわけではなくて、やっぱり使いやすさやお家の間取りに合わせた場所に設置するのがポイントです。ここでは玄関に併設しているウォークスループランでお伝えしていきますね。

    まずは下の図をご覧ください。

    ここでは家族の帰宅動線(オレンジ色)とお客さまの動線(青色)、そしてスリッパラック設置場所(緑色)を描いています。※動線=人の動き
    それでは、家族が帰宅したときにどのような動線になっているのか見てみましょう。

    家族が帰宅し、丸部分(黄色)でスリッパを取り出した図になります。
    どうでしょうか?ここにあれば靴を脱ぐタイミングでスリッパを取り出せて便利ですよね。では、来客時はどうでしょう。

    来客時もわざわざ土間に降りることなくサッと取り出せる位置ですよね。
    どちらの動線とも、ここに住む家族にとってベストなポジションではないでしょうか。
    このように動線や間取りに合わせて位置を決めてあげることで、利便性の高いスリム収納を手に入れられるんです!さらに玄関もすっきりするので、広々とした空間を保てるはずです。

    最後に

    今回はスリッパをスリムに収納できる、ウォールゼット エノーク2のスリッパラックをご紹介しました。
    小さなアイテムでもしっかり考えて位置決めをするのは、とっても大事なことなんです。こういう小さな積み重ねが理想のお家へ近づく大切なプロセスなんです。小さなことからコツコツと、です♪

    カタログをご請求いただけます。電子カタログなら今すぐ閲覧が可能です。
    閲覧・請求する
    製品ギャラリー
    プランセレクトツール
    カラーシミュレーター
    SNS