収納メーカーのプロが、生活が快適になる収納の間取りや秘訣をお伝えする、家づくりに役立つメディアです。

シューズクローク収納術|思わずマネしたくなる便利な活用事例を8つ紹介

#
家の間取りを決める前の方

最終更新日:

2022.06.06

公開日:

2019.03.29

くっしー
この記事を書いたソムリエ
くっしー
収納専門メーカーで働きはじめ10数年。正直、片付けは苦手ですが、きれいな家をキープしやすい間取りや動線を日々考えています。仕事ではWEBコンテンツのディレクションやショールームなどを担当しています。みなさんの新しい生活の参考になる情報を発信していきます!

最近は人気の高いシューズクロークを設置している間取りを多く見かけます。
シューズクロークはシューズインクロークやシューズインクローゼット、玄関土間収納とも呼ばれますね。
そもそもみなさんはシューズクロークを設置する意味って何だと思いますか?
この記事ではシューズクロークの特徴や魅力を徹底解説します。

目次

    シューズクロークは玄関収納の救世主

    いきなりですが、みなさんのいまの住まいの玄関ってキレイですか?

    レベル感としてはキレイ=お客さまがいつ来ても、すぐに案内できるとしましょう。
    けっこうな割合で、すぐ案内できないって思ってるんじゃないでしょうか?
    お客さまが来る前に、もしかしたらインターフォンが鳴る直前まで、丸見えのモノをあっちこっちに一時的に隠している人も多いかもしれませんね。

    そもそもなぜキレイじゃないのか?
    それは玄関にはしまいたいモノ(荷物)が多いからですね。
    だから、たまに掃除をしてもすぐにごちゃごちゃしてしまう。。。

    モノが多いけど、玄関はキレイにしておきたい。もっと言うなら、おしゃれな玄関にしたいですよね。
    だって、玄関は友人や知人のような親しい人だけじゃなくて、宅配業者などの初めて会う人にも見られてしまう場所ですからね。

    でも普通に考えると、モノが多かったら、キレイにならないっていうのは当たり前。
    それでもキレイにしておきたいっていう矛盾した思いを叶えるための手段がシューズクロークなんです。
    さらに下駄箱・シューズボックスと違って、扉のないオープンタイプの収納棚なのでモノの出し入れがしやすいんです。
    いわば玄関収納の救世主ですね!

    シューズクロークに収納したいモノってどんなもの?

    モノが多いのであれば、まずはいらないモノを捨てるところから始めましょう。
    単純な話ですが、とても大切なことです。
    玄関をキレイにするには、まずはここがスタートです。
    モノの持ち方や片付け方は別の機会にお話しするとして、ここではいらないモノを捨てたとして進めますね。

    いらないモノを捨てても、玄関にはたくさんのモノがあります。
    捨てられないわけではなくて、必要だから置いているけですよね。

    ではまず、玄関に置くものを書き出してみましょう。

    4人家族だと約40足の靴を持っています。(2018年自社調べ)
    靴も革靴・スニーカー・サンダル・ブーツ・長靴などたくさんの種類がありますよね。
    しかもこれは家族の年齢に問わずほぼ一定だから、40足は常にあると考えましょう。
    靴の数ってどんどん増えそうなイメージがあったのですが、意外な結果だと思いませんか?

    1世帯あたり5本以上の傘を持っています。(2018年自社調べ)
    家族用の傘=傘立てで、当たり前のように玄関に置いてるんじゃないでしょうか。
    でも、傘立てって玄関にあると邪魔じゃないですか?

    レインコート

    1世帯あたり約2着のレインコートを持っています。(2018年自社調べ)
    子どもの通学用、もしくはパパやママの自転車やバイク通勤といったところでしょうか。
    みなさん、雨に濡れたレインコートはどこで乾かしてますか?

    アウトドアグッズ

    キャンプだとテント、タープ、チェア、クーラーボックスなど欠かせないモノがたくさんあるし、ハマればハマるほど、どんどん増えていくアウトドアグッズ。
    しかも、かさばるモノが多いから、置き場を確保するのもひと苦労。

    スノーボードやスキー板

    ウィンタースポーツをやる人なら、スノーボードやスキー板は必要。
    でも冬しか使わないし、長いのに折りたたむこともできない困りモノですね。

    ゴルフバッグ

    大きすぎるゴルフバッグなどはクルマのトランクに置きっぱなしになってるんじゃないですか?
    トランクを本当に使いたい時に、使えないなんてこともありそうですね。

    外遊び用品

    かわいい息子や娘と遊ぶために買ったボールや砂遊び道具など。
    玄関に置きっぱなしになっていたり、適当なとこににひっかけたりしていませんか?

    ベビーカー

    ベビーカーを使わない子育てなんてありえないですよね。
    でもベビーカーを置けるスペースってどこにあるんだろう?って思いませんか。

    みなさん、どこに置いてますか?
    ゴルフバッグみたいにクルマの中だったりして。。。

    防災用品

    毎年予想もしない自然災害が起きていますよね。
    「明日は我が身」って感じている人も多いと思います。
    万が一に備えて、玄関に防災用品を置いてる人もいるのではないでしょうか。

    ここに書き出したモノ以外にも、玄関に置いているモノはきっとあると思うので確認してみてください。
    それは単純に不要なモノじゃなくて、必要なモノですよね。
    でも収納場所がどうしても足りない。
    普通の下駄箱・シューズボックスだと、靴以外の外で使うモノは置き場所がない。
    だからといって、趣味のアウトドアやスポーツ用品を減らすのは違いますよね。
    玄関は空間や収納の大きさのわりに、モノが多いっていう課題があるんですね。

    シューズクロークのメリットとデメリット

    玄関収納の救世主とも言えるシューズクロークのメリットとデメリットを整理していきましょう。

    メリット:下駄箱・シューズボックスに比べて収納力が段違い!

    玄関のモノの多さを解決するには、玄関収納だけでは絶対に不可能です。
    普通の下駄箱・シューズボックスは靴を収納することが目的なので当たり前ですね。
    だから、玄関とつながるシューズクロークの設置を強くおすすめします。
    シューズクロークとは、玄関のウォークインクローゼットと言えます。
    下の写真のように、玄関横に土間つづきの部屋をつくるイメージです。

    ウォールゼット エノーク2[I型]

    そうすれば、靴以外の傘・アウトドア用品・スポーツ用品・子ども用品などをまとめて収納できるようになります。
    そもそも玄関にモノを置かないから、急な来客時もすぐに案内することができるようにもなりますね。
    仮にモノが出ていたとしても、シューズクロークに一時的にぶっこんで、出入口ドアやロールスクリーンで目隠しすれば何とかなります。(笑)

    ウォールゼット エノーク2[I型]

    仮にシューズクロークがなかったら、どこにモノを置くのか?
    おそらく外に物置を設置したり、室内側に持ち込む必要が出てくるんですね。
    個人的には外の物置に大切なモノを置くというのは、気持ち的にもセキュリティ的にも選びたくない方法ですね。雨の日とか取りに行くのも面倒ですし。。
    また室内に持ち込むというのも手間が掛かるし、リビングやキッチンなど他の場所が狭くなるので、シューズクロークは絶対に必要と言い切ります!

    デメリット:玄関が広くなる(坪単価が上がっても満足度大)

    シューズクロークを設置する唯一のデメリットはシューズクロークがない場合に比べて費用が掛かるということです。
    玄関横に別の部屋を作るので当たり前ですが、間取りがほぼ決まっている場合は変更しにくい部分になってしまいます。
    だから、ここまでの記事でシューズクロークが必要かもと感じてくれた人には、注文住宅を新築する設計段階からシューズクロークの設置ありきで進めることをおすすめします。
    シューズクロークを設置する分、他のスペースが狭くなってしまいますが、それでもシューズクロークは必要です。
    僕自身は家づくりを始める時に、シューズクロークは設計のヒアリング段階から入れていましたし、設置を後悔したことも一度もありません。
    もっと広くすれば良かったっていう逆の後悔ならありますけどね(笑)

    シューズクロークで失敗しないためにはどの程度の広さが必要?

    ここまででシューズクロークがあると便利!ってことはイメージできたのではないでしょうか。
    そうすると、次はどの程度の広さがあればいいの?ってなりますよね。
    出入口ドアや窓の位置、種類によって、収納の取り付けられる量が変わってくるので○畳あれば大丈夫とは言い切れませんが、4人家族を想定するとこんな感じを目安にしてもらうといいと思います。

    ・靴+外で使うモノ+自転車などの大きいモノを収納したい⇒3畳以上
    ・靴+外で使うモノを収納したい⇒2畳以上
    ・靴以外の外で使うモノのみを収納したい⇒1畳以上

    理想は3畳以上とれると、自転車やベビーカーも畳まずににしまえるから、セキュリティ面でも容量面でも安心できますね。
    基本的には2畳以上をベースに考えると、使い勝手の良い収納スペースになると思います。
    1.5畳は外で使うモノの収納に制限が出たり、別に物置が必要になるかもしれません。
    どうしても1畳しか取れない!っていう方は、外で使うモノだけに割り切って、靴はシューズクロークとは別に下駄箱・シューズボックスを設置しましょう。
    無理して詰め込みすぎると失敗の元になってしまうので、ある程度の余裕を持ち、収納スペース(幅・高さ・奥行)に合わせて、工夫することが大切です。
    ただ、このあたりは目安ですし、上にも書いたようにドアや窓によっても変わってくるので、詳しく知りたい方は下のリンクから別の記事を読んでみてください。
    こちらの記事ではウォークインタイプ・ウォークスルータイプの2種類の動線や配置パターン、湿気・換気対策・換気扉などについて実例付きで紹介しています。

    もっと詳しく読みたい
    【実例あり】シューズクロークの導入は間取りが命!あなたに合ったタイプはどれ?
    この記事を見てくれている人は、家づくりの計画中で人気の高いシューズクロークを検討している状態だと思います。 設計士さんに...

    シューズクロークを使いこなすアイデア8選

    ここまででシューズクロークを設置する意味や効果をお伝えしてきましたが、ここからは具体的な収納方法を8つ紹介します。
    うまく組み込めば、収納力とデザイン性を両立した収納プランになるはずです。

    アイデア1:掃除嫌いの主婦の味方♪洗える樹脂棚板を使おう!

    靴には泥で汚れたり、雨に濡れたりすることって当たり前にありますよね。
    木質棚板だと汚れても洗えないし、水分がしみ込むと棚板が変形する可能性があるので止めておきましょう。
    靴の収納棚として樹脂棚板を使えば、汚れをふき取りやすく、水洗いもできるのでおすすめです。
    どれくらいの収納力があるのかや必要な枚数など、もっと詳しく知りたい人は以下のリンクを読んでみてください。

    もっと詳しく読みたい
    高さ違いの靴の収納はバッチリ!お手入れラクラク洗える樹脂棚板をご紹介♪
    これから新しい住まいをご検討されているご家族の方。 最近では玄関にシューズクロークを設置される方が増えてきていますよね。...

    アイデア2:大きなアウトドア用品やおもちゃもすっきりシューズクロークに収納


    ウォールゼット エノーク2

    靴は樹脂棚板での収納をおすすめしましたが、シューズクロークには靴以外に収納したいモノがたくさんありますよね。
    まとめて樹脂棚板におけば良いかというと、そういうわけではないんですね。
    靴くらい軽ければ良いですが、アウトドア用品やスポーツ用品など重さのあるものには木質棚板を使うことがポイントです。
    耐荷重性能も十分にあるので安心して収納できます。
    ただ、必要な棚板の枚数などは持ち物に合わせて考える必要があるので、もっと詳しく知りたい人は以下のリンクを読んでみてください。

    もっと詳しく読みたい
    防災グッズやキャンプギアはココ!シューズクロークに+便利な可動棚板収納
    シューズクロークは帰宅後、最初に目にする収納。 屋外と屋内をつなぐ場所。 家中収納のなかでも唯一の「土間」に存在する収納...

    アイデア3:レインコートやアウターをシューズクロークに収納すればこんなに便利♪


    スライドハンガー[ウォールゼット エノーク2]

    雨の日の通勤や通学に使ったレインコートや日常使いのアウターの収納場所は決まっていますか?
    濡れたレインコートは乾くまで邪魔でしょうし、花粉が付着したアウターは室内に持ち込みたくないですよね。
    レインコートやアウターはシューズクロークに収納場所を作ると、外出時・帰宅時にとてもスムーズです。
    具体的な使い方をもっと詳しく知りたい人は以下のリンクを読んでみてください。

    もっと詳しく読みたい
    シューズクローク収納にレインコートやアウターをIN!雨の日も寒い日も安心時短♪
    雨の日の通勤や買い物などの外出でレインコートをご使用の方。 帰宅後に脱いだレインコートはどこに一時掛けをしますか? 冬の...

    アイデア4:印鑑や鍵などをシューズクロークに収納する画期的なアイデア


    回転トレー[ウォールゼット エノーク2]

    キーケースやペン、印鑑など玄関に置いておきたい細々としたモノってありますよね。
    普通はカゴを買って収納していると思うのですが、専用パーツを使えば収納に組み込めるようになります。
    収納のデッドスペースを使って小物を収納できるので、とても効率的です。
    もっと詳しく知りたい人は以下のリンクを読んでみてください。

    もっと詳しく読みたい
    宅配の受け取りもラクラク!シューズクロークに印鑑や鍵・ペンを収納しちゃおう!
    玄関に細々としたものを置くことって結構ありますよね? 例えば靴箱の上や、飾り棚の上に日常的に使う小物を置いたりしています...

    アイデア5:タイヤが汚れるスーツケースはシューズクロークに収納するのがベスト!


    ウォールゼット エノーク2

    シューズクロークに収納したいモノは同じ大きさではありません。
    特にアウトドア用品やスポーツ用品、スーツケースなどは大きくかさばりますよね。
    こういったモノを上手に収納するためには「収納プランの形」を工夫することがとても大切です。
    どれくらいの大きさのモノを収納したいのか事前に知っておきたいですね。
    もっと詳しく知りたい人は以下のリンクを読んでみてください。

    もっと詳しく読みたい
    え!?これもシューズクロークに収納できるの?大物の上手な収納事例をご紹介
    私は旅行やスノーボードが大好きなんですが、それに欠かせないスーツケースやボードといった「長物」って大きさや高さもあるから...

    アイデア6:型崩れなしでブーツを収納できる画期的な方法


    上吊ハンガーパイプ+ブーツハンガー[ウォールゼット エノーク2]

    みなさんはブーツをどう収納していますか?
    型崩れしにくいブーツなら土間や棚板に置けばよいですが、ミドルブーツ以上の長さになると、型崩れが気になるブーツが多くなってきて、見た目もあまり良くありませんよね。
    いちいち箱に入れるのも面倒でしょうし、本当は嫌だけど壁に立て掛けたりしているかもしれません。
    でも、専用パーツを使うとブーツの型崩れを気にせずに収納できるようになります。
    もっと詳しく知りたい人は以下のリンクを読んでみてください。

    もっと詳しく読みたい
    シューズクローク収納を活用!ブーツが”くたっ”と型崩れしないとっておきのしまい方
    みなさんは靴の衣替えってしてますか?私は面倒くさい〜って思いながら作業をしているのですが、秋冬ものの靴ってブーツが結構か...

    アイデア7:傘立てを不要にするシューズクローク事例♪


    上吊ハンガーパイプ[ウォールゼット エノーク2]

    傘は傘立てに収納するのが当たり前だと思っていませんか?
    でも土間スペースを狭めるので、邪魔になってしまうし、見た目もよくありませんね。
    収納に傘立てを組み込んでしまえば、傘立てが不要になるので、出入りの邪魔にもならないし一体感が出るので見栄えもします。
    ただ、傘の長さは使う人(例えば大人と子ども)によって異なるので注意が必要です。
    もっと詳しく知りたい人は以下のリンクを読んでみてください。

    もっと詳しく読みたい
    ママの悩みを解消♪シューズクローク収納でかさばる傘や防災グッズもスッキリ♪
    みなさんは雨が多い時期って、傘を玄関に出しっ放しにしてたりしませんでしたか。私はありました!傘を「乾かす」→「畳む」→「...

    アイデア8:シューズクロークにスリッパを収納する意外な方法


    スリッパラック[ウォールゼット エノーク2]

    スリッパもスリッパラックなどに収納するのが当たり前だと思っていませんか?
    でも実際使ってみると、玄関が狭くなってしまうので邪魔になってしまいます。
    スリッパ立てがなくても、収納に取り付けてしまえばスリッパラックが不要になりシンプルです。
    ただ、取り付ける場所によっては使いにくくなることもあるので注意が必要なので、もっと詳しく知りたい人は以下のリンクを読んでみてください。

    もっと詳しく読みたい
    スッキリ玄関に変身♪スリッパをシューズクロークにまとめて収納する便利アイテム
    みなさんはスリッパをどこに収納していますか?市販のスリッパ立てやかごに収納して玄関に置いていませんか?それって玄関のスペ...

    最後に

    いかがでしょうか?
    この記事ではシューズクロークの特徴や魅力について解説しました。
    玄関に収納すると便利なモノはたくさんありますので、みなさんの新しい暮らし方を具体的にイメージするところから始めましょう。
    当たり前ですが、広さによって収納するモノの種類や量に大きく違いが出てしまうので、シューズクロークに何を収納したいか?をしっかり考えてほしいなと。
    玄関は第一印象となる家の顔と言われますので、シューズクロークを設置して、快適な玄関を手に入れてください!

    この記事で紹介した製品をもっと詳しく知りたい方は製品ページをチェックしてみてくださいね!
    玄関収納 [ウォールゼット エノーク2]

    あわせて読みたい
    【実例あり】シューズクロークの導入は間取りが命!あなたに合ったタイプはどれ?
    この記事を見てくれている人は、家づくりの計画中で人気の高いシューズクロークを検討している状態だと思います。 設計士さんに...
    ファミリークローゼットを洗面脱衣室の近くに配置して、快適な動線を実現しよう!
    今回のテーマは、生活様式が見直されている今特に子育て世帯を中心に人気のファミリークローゼットについてです。 みなさんはフ...
    【実例あり】ファミリークローゼットの導入は動線から!あなたに合ったタイプはどれ?
    子育て世帯を中心に人気の高いファミリークローゼットを導入するなら、家族の生活動線や家事動線を具体的にイメージすることが一...
    サニタリールーム・洗面室の収納アイデア13選と3つの間取りアイデア
    みなさんは毎日使うサニタリールーム・洗面室にどんなご意見をお持ちでしょうか? 満足していますか?それとも不満がありますか...
    デジタルカタログ公開中です。
    無料発送も受付中です。
    コラム内の製品を全て掲載しています。
    オンラインで今すぐご覧いただくことも、無料でお送りすることも可能です。お手元に1冊あると、ご家族で相談される際にも役立ちます。
    ぜひご利用ください。
    カタログを見る・請求する
    この記事を友達にシェア
    カテゴリーから選ぶ
    収納専門SNSで最新情報をお届け
    このブログと運営会社について
    南海プライウッドは収納をメインに製造販売するメーカーです。

    収納ブランド「収納生活」で扱う収納製品は玄関・リビング・キッチン・サニタリー・クローゼットなど、家中全ての空間に対応しています。

    記事中に登場した製品はホームページやカタログでご覧いただけます。