Sakura
コーデソムリエ

こんにちは!Sakuraです。みなさんは靴の衣替えってしてますか?私は面倒くさい〜って思いながら作業をしているのですが、秋冬ものの靴ってブーツが結構かさばるし置く場所にいつも困るんですよね。
今回はそんなかさばるブーツの収納についてお話していきますね。

目次

    ブーツ収納時の問題点

    ブーツと言ってもショートブーツなどは樹脂棚板に収納できるので、ミドルブーツ以上をどこにどうしまうかがポイントになります。

    みなさんはブーツをどこに収納していますか?土間に直接置いてる方が多いかなぁ〜と勝手に思っているんですが、どうでしょうか? 実は私もエンジニアブーツのように重さがあり素材もしっかりしているものは、直接土間に置いてるんですよ。

    ウォールゼット エノーク2

    でも、ものによっては型崩れをしてしまうものってありますよね。そのせいで自立しなくなって、土間に置くというよりは立て掛けたり倒したりしていませんか?

    そうなる前に! ブーツをすっきり収納できる方法をご紹介しますね。

    ミドルブーツ以上は吊るして収納!

    吊るして収納するためのアイテムはふたつ。

    上吊ハンガーパイプ

    上吊ハンガーパイプ[ウォールゼット エノーク2]

    固定棚板に取り付けるタイプの上吊ハンガーパイプ。後ほど紹介するアイテムを吊るすために必ず必要なアイテムです。もちろん単体でも能力を発揮しますよ!

    上吊ハンガーハイプの取り付け位置を決めるときは、土間から固定棚板上面までをブーツの長さプラス250mm以上にしてくださいね。

    上吊ハンガーパイプ[ウォールゼット エノーク2]

    例えばお持ちのロングブーツで一番長いのものが360mmなら、土間から固定棚板上面まで600mm程度あける!といったように、あらかじめ収納するブーツの長さを知っておけば、パイプを取り付ける棚板の高さを決めるときに役立ちますよ♪ちなみに耐荷重値は幅900mm以内で20kgまで持ちます。

    ブーツハンガー

    ブーツハンガー[ウォールゼット エノーク2]

    ブーツのたるみやシワをなくした状態で収納できるブーツ専用アイテム。上部のフック部分を上吊ハンガーパイプに引っ掛けて使います。このふたつのアイテムを使うことで、ブーツがくたっとならず倒れることなく、綺麗な形を保ったまま収納できます♪乗馬ブーツやエンジニアブーツなどの重いブーツは直接土間に置いてくださいね。

    上吊ハンガーパイプ+ブーツハンガー[ウォールゼット エノーク2]

    上吊ハンガーパイプの長さはどのくらいあればいい?

    では実際のところ、どのくらいの長さが必要なのか知っておきたいところですよね。
    一般的な男女のブーツ1足の幅の平均を200mmとしてブーツ数を掛け合わせると必要な長さがでてきます。例えば、30代女性が持っているブーツの平均数4足(2018年自社調べ)を収納するとすれば、上吊ハンガーパイプの幅が800mm以上あればすべて吊るせる、ということになります。

    上吊ハンガーパイプ+ブーツハンガー[ウォールゼット エノーク2]

    ただ、ムートンブーツなど幅のあるものは一般的なブーツに比べて大きいので、平均値はあくまで目安としてくださいね。

    最後に

    今回はブーツ収納に最適な、ウォールゼット エノーク2の上吊ハンガーパイプとブーツハンガーをご紹介しました。
    これでブーツもすっきり収納できますよね。ブーツの出し入れ時のイライラもきっと解消されるはずです♪

    カタログをご請求いただけます。電子カタログなら今すぐ閲覧が可能です。
    閲覧・請求する
    製品ギャラリー
    プランセレクトツール
    カラーシミュレーター
    SNS