収納メーカーのプロが、生活が快適になる収納の間取りや秘訣をお伝えする、家づくりに役立つメディアです。

狭いトイレでも収納を確保!コンパクト収納ですっきりとしたトイレ空間に☆

#
家の間取りを決めた方

公開日:

2021.02.05

Sakura
この記事を書いたソムリエ
Sakura
わたしは製品のカタログづくりやSNS全般、それからショールームの備品レイアウトなどに携わっています。自宅にも自社製品を使っているので、一応“ユーザーさん”でもあります^^みなさんがHAPPYになる家づくりの参考になれば嬉しいです。

トイレは他の空間に比べて狭くなりがち。収納をあまり設けられないお家もあるのではないでしょうか?
トイレには置いておきたいアイテムがたくさんあって、ちょっとのスペースでは足らないですよね。
今回は狭いトイレ空間でもしっかり収納量を確保する方法をご紹介します。トイレ空間の狭さを感じさせない、快適な空間になること間違いなし☆最後までお付き合いくださいね^^

目次

    トイレにないと困る!?狭いトイレ内でも収納しておきたいアイテムとは?

    まずはトイレに収納しておきたいアイテムをリスト化したのがこちらです。

    ■ トイレットペーパーとストック
    ■ トイレ用品とそのストック(洗剤・トイレクリーナーシート)
    ■ 掃除ブラシ
    ■ 生理用品
    ■ 汚物入れ
    ■ タオル
    ■ 芳香剤・消臭スプレー

    これらをすべて収納するスペースが必要です。

    狭い空間でも大丈夫!必要なトイレ用品を収納する場所はここ♪

    狭いトイレ空間は、他の空間に比べて収納スペースを確保するのが困難です。
    広さを十分確保できないトイレ空間の場合は、デッドスペースを活用するのがおすすめです。前方もしくは後方に収納を設置することで、空間を狭めずに収納を作れますよ^^

    ただ、トイレの上に設置する収納のため、掃除ブラシや汚物入れといった下の方で使用するものは収納できません。
    これらも収納したい場合はこちらの記事を参考になさってください。

    もっと詳しく読みたい
    トイレ収納は住み始める前から!トイレを広く使う3つの収納アイデアをご紹介♪
    トイレは家の中でも小さな場所ですが、小さいからこそ収納をしっかり作りこんでおかないと、住み始めてからの使いやすさに大きな...

    他にも空間を狭めずに収納を増やす方法があります。少し収納量は減りますが、手元にあると便利な収納なのでおすすめですよ♪
    詳しくはこちらをご覧くださいね。

    もっと詳しく読みたい
    非公開: トイレスペースのスリムな埋め込み型収納!サニタトイレ収納ボックスのご紹介♪
    こんにちは。 一般的にトイレは狭い空間ですよね? 後から収納を足していく場合は、ただでさえ狭い空間を犠牲にしながら追加し...

    トイレは収納の設置する高さが肝心!

    収納を設置する高さはとても大事です。
    高すぎると不便だし、お家によって天井の高さも違ってきます。
    条件に沿った高さに設定することが使いやすい収納を作るポイントになります。

    使いやすさ重視!手の届く位置に

    まずは、トイレ空間の前方・後方どちらに設置するのかを決めます。好みもありますし、使いやすさで選んでもOKです^^
    前方に扉がある場合、設置位置はどうしても高くなってしまいます。
    後方の場合は、お好みの高さに設定することができます。ただし、トイレが手前にありますので、それを考慮したうえで高さを設定してくださいね。

    トイレに設置する窓と収納が干渉しないように設置する高さをしっかり考えよう!

    窓を設置する場合は、収納を窓の高さより上で手の届く位置に設置し、収納と窓が干渉しないように注意してくださいね。
    せっかく収納をつけても使いづらくては意味がないので、設置する高さをしっかり考えて決めましょう^^

    では、平均身長158cmの女性に最適な収納の高さを算出してみます。
    収納物を無理なく出し入れできる高さは1600mm程度になりますので、窓を設置する場合は、これ以下で設置するのが良さそうです。
    ご参考までに^^

    狭いトイレにぴったりのコンパクト収納はこの2つ☆

    ここからは、狭いトイレでもしっかり収納力を確保できる2製品をご紹介します!

    固定棚板セット

    棚板のみのシンプルなオープン棚板収納“固定棚板セット”
    トイレ空間に馴染みやすく、ニッチスペースを有効活用できる棚板収納です。

    [固定棚板セット]

    左右のレールを壁に固定し、棚板を差し込むだけなので、簡単に設置できますよ^^


    [固定棚板セット]

    トイレ空間の他にも、洗濯機上や物入れの上などのニッチスペースも便利な収納空間に変えてくれます^^


    洗濯機上部設置例


    物入れ上部設置例

    また、空間の幅に合わせてミリ単位でカットできるので、狭いトイレでもジャストサイズで設置可能です♪

    トイレ上部収納

    扉付き収納の“トイレ上部収納”
    隠す収納で煩雑なトイレ空間ともおさらば!狭い空間でもすっきりキレイを保ちます

    [トイレ上部収納]

    下からでも手が掛かりやすい設計なので、高い位置でも開閉が楽です♪


    [トイレ上部収納]

    こちらもフリーカット対応なので、棚板と扉をミリ単位でカットでき、空間にジャストフィットする収納です♪

    どちらも真っ白なホワイト色なので、トイレ空間に馴染み、狭さを感じさせません。
    他にもたくさんのメリットがあるんですよ^^

    オープン棚板収納(固定棚板セット)のメリットとデメリット

    メリット1.取り出しやすさ抜群

    オープン収納だから、扉を開けるなどの手間がなく、取り出しやすいのが一番の魅力。収納物を片手でさっと取れ、出し入れもスムーズです♪

    [固定棚板セット]

    メリット2.収納物を把握でき、管理しやすい

    オープン収納だから収納物を把握しやすく、ものの管理もしやすいため、不足しているものがすぐに分かるので便利です^^


    [固定棚板セット]

    デメリット1.トイレ空間が煩雑に見えてしまうことも

    収納物が丸見えなので、収納方法によってはトイレ空間が煩雑に見える可能性があります。
    収納物をかごに入れたりして整理することで、見た目もすっきりしますよ☆

    デメリット2.埃が溜まってしまうので掃除が必要

    オープン収納には必ずつきまとう埃。これはどうしようもありません。
    こまめに掃除するなどしてくださいね。

    デメリット3.収納物が多いと奥のものが取りづらい

    棚板収納は奥にある収納物が取りづらくて困りますよね。
    かごなどを活用して収納し、引き出すことで奥のものが取り出しやすくなります^^

    扉収納(トイレ上部収納)のメリットとデメリット

    メリット1.収納物を隠せてトイレ空間もすっきり

    見せたくない収納内部を扉で隠せるので、いつでもすっきりとしたトイレ空間を保つことができます^^


    開き戸 開けた状態[トイレ上部収納]

    開き戸 閉じた状態[トイレ上部収納]

    メリット2.埃をシャットアウト!

    オープン収納とは違い、扉があるので、収納内部に埃がたまるのを防ぎます。

    [トイレ上部収納]

    メリット3.狭いトイレ空間に溶け込む、取手のないシンプルな扉

    無駄な装飾のない取手レスの開き戸は、すっきりとしたシンプルデザインで、トイレ空間にも自然と溶け込みます。
    存在感を最小限に抑えるため、狭いトイレ空間でも圧迫感を感じさせませんよ^^

    [トイレ上部収納]

    デメリット.天井高によっては使いにくいかも?!

    扉収納(トイレ上部収納)には天板がなく、天井にぴったりくっつけて設置するものになります。
    住宅の一般的な天井の高さは2400mmですが、そこに収納を設置すると高すぎて届かず、収納物も取りづらくなり困りますよね。
    そこで、オープン棚板収納(固定棚板セット)を天板として組み合わることで、ちょうどいい高さに設定できますよ☆


    [トイレ上部収納+固定棚板セット]

    また、階段下や天井が低い場所は、天井にぴったりくっつけても、問題なく手の届く高さになるのでご安心ください^^

    幅はどのくらいまでOK?収納物は何kgまで耐えられる?

    では、実際どのくらいの幅まで対応しているのか、どのくらいの重さまでなら収納できるのか、気になりますよね。
    まずは、幅を含めたそれぞれのサイズ(外部寸法)を見てみましょう。

    サイズ

    オープン棚板収納(固定棚板セット)
    幅905×奥行300×厚さ15mm

    扉収納(トイレ上部収納)
    幅905×奥行317×高さ470mm

    どちらもトイレ空間の幅が905mm以下なら設置可能です。
    扉収納のトイレ上部収納に関しては、高さが470mmあるので、トイレ用洗剤や消臭スプレーといった背の高いものでも、安心して収納できます^^

    続いて、収納物の耐荷重値はどうでしょうか。

    耐荷重値

    オープン棚板収納(固定棚板セット)
    10kg

    扉収納(トイレ上部収納)
    10kg

    こちらも同じ値で10kgまでOKなので、トイレ用品を十分保管できますよ♪

    リフォームにもぴったり!

    ご紹介した“トイレ上部収納”はリフォームにも最適!
    こちらの“石膏ボード用固定パーツ”を使えば、木下地がなくても設置できるんですよ^^


    [石膏ボード用固定パーツ]

    最後に

    今回はトイレ用品をコンパクトに収納する方法についてご紹介しました。
    何もなかった空間が収納になると嬉しいですよね。狭いトイレでも収納次第で快適な空間になりますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

    あわせて読みたい
    トイレ収納は住み始める前から!トイレを広く使う3つの収納アイデアをご紹介♪
    トイレは家の中でも小さな場所ですが、小さいからこそ収納をしっかり作りこんでおかないと、住み始めてからの使いやすさに大きな...
    トイレ収納で空間を狭めない!7つのトイレ必需品と埋め込み収納をご紹介♪
    こんにちは。 トイレは家の中で、一番狭い空間です。 それなのにトイレまわり用品は以外とたくさん。 この記事ではトイレ用品...
    壁の中を活用!サニタリールーム・洗面室の必需品をスリムに収納!
    洗面・洗濯機まわりはアイテムがたくさん! 空間も十分に広く作ることが難しく、狭くなりがちな場所…。 今回は洗面、洗濯機ま...
    デジタルカタログ公開中です。
    無料発送も受付中です。
    コラム内の製品を全て掲載しています。
    オンラインで今すぐご覧いただくことも、無料でお送りすることも可能です。お手元に1冊あると、ご家族で相談される際にも役立ちます。
    ぜひご利用ください。
    カタログを見る・請求する
    この記事を友達にシェア
    カテゴリーから選ぶ
    収納専門SNSで最新情報をお届け
    このブログと運営会社について
    香川県高松市の収納メーカー「南海プライウッド」が、生活を快適にする収納の間取りや秘訣をお伝えする、家づくりに役立つメディアです。

    南海プライウッドの収納ブランド「収納生活」で扱う収納製品は20を超え、家中全ての空間に対応しています。

    多くの収納を取り扱うプロだからこそ知ることのできる、お得な情報をお届けしていきます。

    これから家を建てる方や、収納にお困りの方、皆様の快適な暮らしに、ぜひお役立てください。