収納メーカーのプロが、生活が快適になる収納の間取りや秘訣をお伝えする、家づくりに役立つメディアです。
サニタリールーム・洗面室の収納アイデア13選と3つの間取りアイデア
#
家を建てようと考えている方

公開日:

2020.04.03

くっしー
この記事を書いたソムリエ
くっしー
収納専門メーカーで働きはじめ10数年。正直、片付けは苦手ですが、きれいな家をキープしやすい間取りや動線を日々考えています。仕事ではWEBコンテンツのディレクションやショールームなどを担当しています。みなさんの新しい生活の参考になる情報を発信していきます!

みなさんは毎日使うサニタリールーム・洗面室にどんなご意見をお持ちでしょうか?
満足していますか?それとも不満がありますか?
これから新しい住まいを検討する方は絶対に不満を抱えたくはないですよね!
この記事を読んで、実際の暮らしのイメージを掴んでもらえたり、ヒントになれば嬉しいです。

目次

    サニタリールーム・洗面室が抱える3つの課題

    そもそも多くのサニタリールーム・洗面室には3つの大きな課題があります。
    まずはその課題を把握するところから始めましょう。

    課題1:サニタリールーム・洗面室ですることが多すぎる?

    サニタリールーム・洗面室での毎日の行動を書き出してみるとこんな感じですね。

    ・顔を洗う
    ・歯を磨く
    ・身だしなみを整える(化粧する、髭を剃る、ヘアセットするなど)
    ・服を着替える(脱ぐ、着る)
    ・洗濯する(洗濯機をセットする、洗濯物を干すなど)
    ・お風呂に入る(タオルで身体を拭く、洗濯かごに入れる、パジャマを着るなど)

    ポイントは、ここで挙げた行動のほとんどは家族全員がするということです。
    ということは、同じタイミングで集まってしまうと使いにくくなるのは当たり前というか、イメージしやすいと思います。
    特に朝はごった返しているのではないでしょうか?
    注意してほしいのは、多くの行動がある=多くの収納するモノがあるということですね。

    課題2:2畳程度の限られたスペースであることが多い

    一般的なサニタリールーム・洗面室の広さは2畳ほどになります。
    上の写真のように洗面台や洗濯機を置くと、実際に使えるスペースはわずか1畳ほどしかありません。
    人が動くスペースも必要なので、収納スペースはほとんどないですよね。
    課題1で書いた使いにくさというのはそもそもの空間が狭いということが大きな原因なんですね。
    このようにスペースに限りがあるサニタリールーム・洗面室ではあらかじめ収納計画をしっかり立てておくことが重要です。

    課題3:プライベート空間だがパブリック空間でもある

    サニタリールーム・洗面室はプライベートな空間として考える方が多いように思います。
    でも、お客さまが手を洗う際に立ち入ることなんて当たり前にありそうです。
    ダメとは言えないし、「キッチンで洗って」っていうのも僕だと言いにくいですね。
    普通は家に帰ったら、サニタリールーム・洗面室で手を洗うし、見られたくないのかな?って想像されるのも嫌なので。

    ということで、サニタリールーム・洗面室はほぼプライベートな空間、たまにパブリックな空間と考えておく方が良いと思います。
    モノにあふれた生活感丸出しの状態を見せたくないし、お客さまにも使いやすい空間にできると印象も良くなりますね。

    【収納用品】サニタリールーム・洗面室の収納アイデア7選

    ここからは空間を有効に活用したサニタリールーム・洗面室の収納アイデアをご紹介します。
    ご紹介するのは壁に固定する収納を除き、全て100円ショップで売っている商品を選んでいますので、お財布にも優しいですね。

    アイデア1:歯ブラシを収納するアイデア♪

    まずは歯ブラシの収納を3つご紹介します。

    すぐに使える洗面台に置くタイプ

    最近は歯ブラシ置きも磁器や珪藻土など色々な素材で作られているので、選ぶのが楽しそうです。
    個人的には珪藻土製のものだと、水が溜まるのを気にしなくて良いのでチェックしています。

    すぐに使える掃除が楽な浮かすタイプ

    歯ブラシホルダーを洗面台背面の壁に貼りつけておくと、洗面台を拭くときに邪魔にならないし、洗面台の上もすっきりして良いですね。

    隠せて掃除も楽な浮かせるタイプ

    生活感の出る歯ブラシは隠したいなと思う場合は、洗面台上の収納に隠してしまいましょう。
    おすすめは扉に吸盤などで歯ブラシや歯磨き粉を吊って、さらに収納の中に珪藻土プレートを置くと、水が垂れても収納が汚れませんね。

    アイデア2:コップは吊り下げてしっかり水切りしよう

    歯磨きに使ったコップは普通に置いていると、水をしっかり切ったつもりでも、次の歯磨きのときにはコップの底に水が溜まってませんか?
    これってあまり衛生的とは言えませんよね。
    だから、コップは吊り下げてしまいましょう。
    これもコップホルダーを使えば、すぐにできるのでおすすめです。

    アイデア3:ドライヤーやヘアアイロンは吊って収納


    洗面収納ボックスAタイプ[サニタ]

    ドライヤーやヘアアイロンも吊るす収納がおすすめです。
    僕は知らなかったのですが、ヘアアイロンは使用後、かなり熱くなるので、すぐに収納できないらしいです。
    でも吊るす収納なら、ヘアアイロンが冷えるのを待つ必要もないので置きっぱなしがなくなりますね。
    しかも壁に埋め込んだ収納なら、空間を有効に使えるしバッチリです!
    上の写真ではパイプやフックが付いた収納を埋め込んでいますが、付いていなくても突っ張り棒とフックを使えば同じようにできますね。

    アイデア4:洗剤などのストックは洗面台下にボックスを使って収納

    洗面台の下も収納スペースとして使いたいところです。
    ただ、仕切りもないので、どう使ったらいいんだろう?って思いますよね。
    そんな時にはファイルボックスや収納ケースを使った収納がおすすめです。
    収納スペースに適度に合ったボックスも意外とあるので、無駄なスペースがなくなります。

    アイデア5:洗濯ネットや洗濯バサミは隙間スペースを使って収納

    洗濯ネットや洗濯バサミなどの生活感満載の細かなモノってたくさんありますよね。
    できるだけ洗濯機の近くに置きたいはずなので、隙間スペースをうまく使いましょう。
    ずばりケースを洗濯機の横にくっ付けてしまえばいいんです。
    上の写真ではメールボックスとフックを使って収納しています。
    洗濯機と洗面台もしくは壁の微妙な隙間スペースがあるので、そこをうまく使いましょう。


    洗面収納ボックスBタイプ[サニタ]

    他にも壁に埋め込んだ扉付きの収納だと省スペースになります。
    扉の裏にはポケットが付いていて、洗濯ネットや洗濯バサミが収納できるし、毎日使う洗濯洗剤や柔軟剤も置けます。
    用途や収納量に合わせて選びたいですね。

    アイデア6:タオルやハンガーは洗濯機上のデッドスペースを有効活用


    [ランドリー可動棚]

    洗濯機のまわりにはランドリーラックが一般的ですが、グラグラして安定しないし、地震があると絶対倒れるので危険です。
    おすすめは上の写真のようにしっかりと壁に固定した、金物を使った収納スタイルです。
    棚にはその日に使うタオルの仮置きに使ったり、洗剤類のストックスペースとして使えるし、パイプにはハンガーやピンチハンガーを掛けられます。

    アイデア7:サニタリールーム・洗面室のおしゃれアイデア3選

    収納量も大事ですが見た目にもこだわりたいですよね。
    次はサニタリールーム・洗面室をおしゃれに見せる方法をご紹介します。

    色を統一したかごやボックスを使う

    かごやボックスの色や素材を統一すると、すっきりした見た目になります。
    ボックスごとに中身を決めておくと、すぐに取り出せるし、収納量も把握できますね。

    タオルの畳み方をエステ風にする

    タオルのたたみ方を変えるだけで、おしゃれになります。
    上の写真では突っ張り棒を使って、タオルを丸めてエステ風に収納しています。

    扉や引出しを付けて中身が見えないようにする


    [ラクリア]

    かごやボックスを使ったり、タオルのたたみ方を変えたりするのも面倒くさいなら、扉や引出しを使った収納が一番です。
    モノが見えないので、収納ボックスのデザインがバラバラでも気にならない上に一番すっきりするし、生活感をなくしたいなら最良の方法ですね。

    【新築・リノベーション】サニタリールーム・洗面室をもっと使いやすくする間取りアイデア3選!

    ここまでは限られたスペースの効率的な収納を中心にして書いてきました。
    でもこれから新しい住まいを考える方にはサニタリールーム・洗面室を根本から見直してみましょう。
    間取りからしっかり考えることで、もっと満足度の高い空間に仕上がりますよ!

    間取り1:サニタリールーム・洗面室を広げると動線がスッキリ!

    サニタリールーム・洗面室は2畳っていう固定観念を捨てて、3畳にしてはどうでしょうか?
    3畳にすると上の写真のように収納スペースもしっかり取れるので、下着やパジャマもまとめて収納できますね。
    着替えを自分の部屋に取りにいかなくてもいいし、洗濯物の片付けも楽になりそうですね。

    間取り2:サニタリールーム・洗面室と脱衣室を分けるとこんなに便利♪


    [ラクエル]

    サニタリールーム・洗面室ですることが多すぎるっていう話を最初にしました。
    そこでの課題として、誰かがお風呂に入っていると、洗面台や洗濯機が使いにくいこともありますね。
    そこで脱衣室を独立させると、洗面台や洗濯機が使えるようになります。
    脱衣室が独立していなくても、子どもが小さいうちは気にならないと思います。
    でも、思春期の女の子は着替えるときに鍵を掛けたいってなると思うので、お風呂の間は誰も中に入れなくなってしまうかも知れませんね。

    また、洗濯物が見えると生活感が強く出てしまうので、見た目にこだわりたい場合も脱衣室を分けておくと良いと思います。

    間取り3:玄関に手洗いがあればサニタリールーム・洗面室は生活感満載でも安心!


    [リブニッチ]

    サニタリールーム・洗面室はパブリックな空間でもあるとお話ししました。
    ただ限りあるスペースの中で、多くのモノの収納が必要になるので、どうしても生活感が出そうって心配になる方もいるかもしれません。
    その場合は、手洗いを別の場所に設置することを検討してみましょう。

    ずばり、、、玄関に手洗いを設置することをおすすめします!
    そうすれば、お客さまだけでなく、家族も帰宅後すぐに手を洗えるので、より衛生的になりますね。

    【備え付け収納】サニタリールーム・洗面室の収納アイデア6選

    ここからは、壁に固定する収納(いわゆる備え付け収納)を使ったアイデアをご紹介します。

    アイデア8:洗濯機や窓に収納を組み合わせて一体化


    [ラクエル]

    洗濯機のまわりにランドリーラックを設置するのではなく、洗濯機や窓を組み込んだ収納を設置すると、空間にまとまりが出るようになります。
    また、壁に固定するので地震で倒れる心配もありませんので、安心して使えますね。

    アイデア9:住み始めてからだと遅い?!毎日使う洗剤やタオルの収納アイデア


    棚板[ラクエル]

    みなさんは毎日使う洗濯洗剤や柔軟剤、バスタオルやパジャマなどをどこに収納していますか?
    洗剤類はラック、バスタオルやパジャマは洗濯機の上ってところでしょうか?
    モノの使う頻度を把握して、場所をしっかり決めておくと、すごく便利ですよ。
    もっと詳しく知りたい人は以下のリンクから読んでみてください。

    もっと詳しく読みたい
    タオル収納に役立つ収納パーツ3選!それぞれの特長をご紹介します♪
    日々の生活に欠かせないタオルなどのリネン製品。 どのような収納方法があるのか、その収納の利点も知っておきたいですよね。 ...
    日常使いの洗剤類とそのストックを一緒に収納しないって本当!?効率的な収納方法とは?
    今回は洗面所と浴室が隣接しているサニタリーやランドリールームにある洗剤類の収納方法についてお話をします。洗濯作業のことを...

    アイデア10:サニタリールーム・洗面室に家族の下着やパジャマを完璧に収納♪


    フレーム引出し[ラクエル]

    家族にも見せたくない下着やパジャマ・部屋着などは引出しを使った収納がおすすめです。
    ひとり1段ずつで設計しておくと、みんなが使いやすくなりますね。引出しの使い方をもっと詳しく知りたい方は下のリンクから読んでみてください。

    もっと詳しく読みたい
    下着類の収納場所を間違えてるかも?効率的で無駄のない収納方法を知ろう!
    みなさんは下着類をどこに収納していますか?それぞれのクローゼットでしょうか?収納場所にしっくりきていますか?その収納方法...

    アイデア11:毎日派は意外に少ない!置き場に困るバスマットの収納はコレ!


    ハンガーパイプ[ラクエル]

    みなさん、バスマットって毎日洗濯しますか?
    調べてみたのですが、洗濯は2~3日に1回の方が一番多いそうです。
    ではその間、バスマットは敷きっぱなしでしょうか?

    やはり濡れたまま置いておくのはカビ・細菌などが繁殖しやすいのでおすすめしません。
    使った後は乾燥させておくことが大切ですね。

    だから、バスマットを干すスペースをしっかり作っておきましょう
    下部のスペースを使えば、収納スペースを圧迫することもありませんよ。
    もっと詳しく知りたい方は下のリンクから読んでみてください。

    もっと詳しく読みたい
    パイプが解決!?ハンガーやバスマットの収納、仮干しスペースを機能的に確保!
    ランドリールームには洗濯後の服がたくさん。 洗濯後の服を干す作業をもっと効率的にできるのが今回ご紹介するハンガーパイプで...

    アイデア12:湿気が気になるならバスケットを使っておしゃれに収納♪


    バスケット[ラクエル]

    バスケットを使うだけで、なぜかおしゃれに見えますよね。
    バスケットはおしゃれに見える以外に、通気性が高いのでタオルの収納に向いていたり、臭いがこもらないことも良い点ですね。
    もっと詳しく知りたい方は下のリンクから読んでみてください。

    もっと詳しく読みたい
    タオル収納に役立つ収納パーツ3選!それぞれの特長をご紹介します♪
    日々の生活に欠かせないタオルなどのリネン製品。 どのような収納方法があるのか、その収納の利点も知っておきたいですよね。 ...

    アイデア13:扉を上手に使ったサニタリールーム・洗面室の収納


    開戸[ラクエル]

    生活感をなくしたいのであれば、扉や引出しを使った収納がおすすめです。
    でも扉だらけにしてしまったら、毎日使う洗剤がとりにくかったり、お風呂から出た後の着替えを置くスペースがなかったりします。
    用途と頻度をよく考えて、隠す部分と見える部分をうまく使い分けたいですね。
    もっと詳しく知りたい方は下のリンクから読んでみてください。

    もっと詳しく読みたい
    タオル収納に役立つ収納パーツ3選!それぞれの特長をご紹介します♪
    日々の生活に欠かせないタオルなどのリネン製品。 どのような収納方法があるのか、その収納の利点も知っておきたいですよね。 ...
    日常使いの洗剤類とそのストックを一緒に収納しないって本当!?効率的な収納方法とは?
    今回は洗面所と浴室が隣接しているサニタリーやランドリールームにある洗剤類の収納方法についてお話をします。洗濯作業のことを...

    最後に

    いかがでしょうか?
    今回はサニタリールーム・洗面室をうまく使った収納事例や新しい住まいの間取り・収納アイデアをご紹介しました。
    洗濯・お風呂・朝の準備など多くの行動に必要な空間なので、生活感も出やすくなってしまいます。
    今回ご紹介したようなアイデアをうまく組み合わせて、快適な空間にしてください!

    あわせて読みたい
    シューズクローク収納術|思わずマネしたくなる便利な活用事例を8つ紹介
    最近はシューズクロークを設置している間取りを多く見かけます。 シューズクロークはシューズインクロークやシューズインクロー...
    シューズクロークの導入は間取りが命!あなたに合ったタイプはどれ?
    この記事を見てくれている人は、新しい住まいでシューズクロークを検討中だと思います。 設計士さんに単に「シューズクロークが...
    ファミリークローゼットを洗面脱衣室の近くに配置して、快適な動線を実現しよう!
    今回のテーマはファミリークローゼットです。 みなさんはファミリークローゼットにどんなイメージをお持ちでしょうか? 「最近...
    ファミリークローゼットの導入は動線から!あなたに合ったタイプはどれ?
    ファミリークローゼットを導入するなら、家族の生活動線を具体的にイメージすることが一番のポイントです! この記事を読んで、...

     

    デジタルカタログ公開中です。
    無料発送も受付中です。
    コラム内の製品を全て掲載しています。
    オンラインで今すぐご覧いただくことも、無料でお送りすることも可能です。お手元に1冊あると、ご家族で相談される際にも役立ちます。
    ぜひご利用ください。
    カタログを見る・請求する
    この記事を友達にシェア
    カテゴリーから選ぶ
    収納専門SNSで最新情報をお届け
    このブログと運営会社について
    香川県高松市の収納メーカー「南海プライウッド」が、生活を快適にする収納の間取りや秘訣をお伝えする、家づくりに役立つメディアです。

    南海プライウッドの収納ブランド「収納生活」で扱う収納製品は20を超え、家中全ての空間に対応しています。

    多くの収納を取り扱うプロだからこそ知ることのできる、お得な情報をお届けしていきます。

    これから家を建てる方や、収納にお困りの方、皆様の快適な暮らしに、ぜひお役立てください。